危険な時間や場所を避けて安全な旅をしよう!

スポンサードリンク
dangerous-place-image

楽しい海外旅行を実現するためには、危険な時間と場所についての知識を頭に入れておくことも重要です。人通りの少なくなった夜間の時間は避け、危険地帯への立ち入りにはくれぐれもご注意を。

危険な場所がどこか、事前の情報収集を

collecting-informationPhoto by thecontentmarketing.com

まず強調しておきたいのが、日本は全国どこでも安全で快適に街を歩くことが出来る珍しい国だということ。女性が何の心配もなく一人で夜間に出歩ける国はそう多くありません。そんな国に住んでいることは感謝をしなければいけませんが、だからこそ、危機管理への意識が低く、危険な状況を察知するのが苦手だという側面もあります。

土地勘のない海外では慎重に行動しなければいけませんが、その時に大切なのが、「日本の日常では考えられないようなことも起こるかもしれない」と想定しておくことです。イザという時に備えて事前に、地図上で何がどこにあるのかを知っておくことが必要です。まずは観光バスなどで市内を周って、街の様子や目印になる主要施設を実際に目で見て、少しでも土地勘を付けると、旅の安心感が増すでしょう。

夜間の外出、危険地域への出入りはしない

dangerous-alleycredit: Heath Cajandig

海外の多くの国では、夜になると街中の雰囲気が一変して、危険度がアップします。危険だと言われているエリアに立ち入らないことはもちろん、普段は問題ない場所であっても、夜間には治安が悪化することもすくなくありません。一人で出掛ける時にはタクシーを使い、なるべく夜はグループで行動するようにしましょう。特に女性は気を付けてください。

どこが危険な地域なのか、旅に出る前にインターネットなどで調べておきましょう。欧米諸国では、移民や少数民族が居住している地域の治安が悪いケースが多いです。そうした場所へは近付かないのが無難ですが、そうした地域にも有名なレストランやエンターテイメントは存在するので、もし行く場合は昼間に大人数で行くと良いでしょう。

スポンサードリンク

薄暗い場所、地下鉄にも要注意

dangerous-subwaycredit: d26b73

治安が悪い場所は、土地勘が無くてもすぐに分かるものです。やはり通常の場所とは流れている雰囲気が違うのです。そうした場所に立ち行ったように感じる時には、元の人通りの多い場所へ戻るようにしてください。イザという時に助けを求めることの出来る場所を意識して街を歩きましょう。また、日本とは異なり、地下鉄もトラブルが起きやすい場所の一つ。一人で乗車する時は昼間に乗車するようにし、また人の多く乗っている車両を選ぶようにしてください。

危険な状況を避けるお助け英会話5選

  • 今急いでいます:I don’t have time.
  • ついてこないで!:Don’t follow me.
  • 興味ないです:I’m not interested.
  • いりません、触らないで:No thanks, Don’t touch me.
  • 結構です、道は分かっています:No thank you, I already know the way.

Top photo by AndreasS

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る