海外での街歩きの際の「貴重品の管理」

スポンサードリンク
valuables

あれもこれも意識するのはストレスではありますが、海外旅行ではどんなトラブルに遭っても自己責任!大切な物が無くなってからは遅いので、ここでは持ち物をどう管理するべきか考えておきましょう。

街歩きの際の荷物は最小限に

pickpocketsPhoto by drprem.com

スリや置き引きなどの犯罪者が、観光客か現地の人なのかを判断するときには、荷物が多いかどうかも見ています。「これもあった方がいいかな」「あれもあった方が安心だ」と荷物をたくさん持って歩くのは危険を招く元なので注意をしましょう。荷物は少なく、盗られたくないものは持ち歩かないのが基本です。

現金は必要なものだけにし(交通費やチップ用)、買い物はクレジットカードを利用すると良いでしょう。高価なアクセサリーや帰りの航空券はホテルのセーフティボックスに入れておくなどして、持ち歩きは避けましょう。また、パスポートやスマホなどを持ち歩く際は、貴重品ポーチに入れて首から下げるなど、充分な盗難対策をしましょう。

男女別の貴重品管理のアドバイス

男性が気を付けるべきポイント

特に男性に気をつけて頂きたいのが、財布を尻ポケットへ入れること。この入れ方は「さぁ財布を盗んでくれ」と言っているようなものです。スリ対策のためにも、日本以外の国では財布を人目に触れない場所=バッグの中や上着ポケットの中に入れましょう。日本ではバッグを持ち歩かない男性も多いと思いますが、海外での街歩きでは、少なくとも貴重品ポーチは必須でしょう。

女性が気を付けるべきポイント

海外旅行でもオシャレに気を使いたいのはよく分かりますが、ブランドバッグを持つのは避けたほうがいいでしょう。海外ではブランド物は富裕層が持つもので決して皆が持っているトレンドものではないのです。自分から「お金をたくさん持っています!」とアピールする必要はありません。シンプルなバッグで、携帯品をしっかり守れるように、できればファスナー付きのものをお薦めします。

スポンサードリンク

貴重品をしっかり守るためのテクニック

レストランやカフェで席に座ったときに荷物を自分から離して置いたり、買い物やチケット購入の際に荷物を床に置くなどして自分から少しの間でも荷物を離すのはやめましょう。物盗りはまさにこうしたスキを狙っています。また、持っているお金を一つの財布にまとめずに、いくつかに分けるのもスリに遭ったときのリスクを減らすことができます。

最悪なケースに備えていわゆる「捨て金」を作っておくのも、ある意味自分を守る保険になるでしょう。現金目当ての強盗はお金が手に入ればその場を去るケースが多いからです。万が一強盗にあった場合、準備しておいた「捨て金用の財布」を渡すようにしましょう。その時にポケットからいきなり取り出そうとすると、銃や刃物を持っていると勘違いさせることがあるので、まずはどこにお金があるかを手で示してから取り出すようにして下さい。

旅先で自分の持ち物を守る「貴重品管理」5箇条

  • 貴重品の携帯は最小限にする
  • お金の持ち方に気を付ける(ポケットに入れない、派手なバッグを持たない)
  • 荷物を自分から絶対に離さない
  • リュックサックの中に貴重品を入れて行動しない
  • お金は複数に分散して持つ

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る