海外旅行保険の正しい知識

スポンサードリンク
travelers-insurance-image

海外旅行に出掛ける際に、海外旅行保険には必ず加入しておくべきです。

海外旅行傷害保険とは

travelers-insurance-brouchures

海外旅行中の怪我や病気による死亡・後遺障害・治療費用の他、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを補償する保険です。被保険者(海外旅行傷害保険に加入した人)が、海外旅行を目的として自宅を出発してから帰宅するまでの各種リスクに対する補償を提供します。各種リスクを総合的に補償する保険商品と、必要な補償だけを選んで加入できるバラ掛け商品の2種類があります。

海外旅行傷害保険は「旅のお守り」として加入しよう

travel-insurance-imagePhoto by theyucatantimes.com

「海外旅行の際に保険に加入したことはないけど、これまで大きな問題は無かった」、あるいは、「これまでの海外旅行の際に保険に加入したけど、結局保険を使うことは無くお金のムダだった」などと感じている人が少なくないかもしれません。しかし、海外旅行傷害保険は決して無駄な出費ではありません。多くの日本人旅行者が無事に旅を終えている一方で、旅行先で病気や怪我をしたり、持ち物を盗まれたり、というアクシデントを経験している人も少なくないのです。旅行先での様々なリスクに対する備えとして、海外旅行傷害保険は金額に見合う価値のあるものです。

medical-carePhoto by bannerhealth.com

たとえば、海外の多くの国では、自国の医療保険に加入していない外国人に対して、日本人には法外とも思えるほどの高額な医療費が掛かることがあります。ちょっとした診察だけで数万円も掛かったり、盲腸の手術だけで100万円以上掛かる場合もあります。また、渡航先で重病になった場合や、死亡して日本に移送する場合などは、1000万円を越える費用を請求されることもあります。もしもの時の安全・安心のために、必ず海外旅行傷害保険には加入しておきましょう。

保険で補償されること、補償されないこと

保険で補償されること

■旅行先での怪我・病気による死亡
旅行中の怪我や病気が原因で死亡した場合、遺族に保険金が支払われます。

■怪我・病気の治療費
旅行中の怪我や病気による治療費が補償されます。
一部の病院では、キャッシュレスで治療を受けることもできます。
キャッシュレス対象外の病院の場合は、一旦自腹で払って、帰国後に請求する形になります。

■携行品の盗難・破損などの補償
旅行中の携行品の盗難・破損などに対して、1点あたり10万円を限度とする補償を受けられます。

■他人に損害を与えた場合の賠償責任の補償
店舗の商品を壊してしまった場合や、他人に怪我を負わせてしまった場合など、
他人に損害を与えてしまった場合の損害賠償金を保険でカバーすることができます。

保険で補償されないこと

海外での病気の治療費用の内、「持病」「妊娠・出産および婦人科の病気」「歯科治療」の3つは保険でカバーされません。持病がある場合は常備薬を持っていく、妊婦の海外渡航は慎重に検討する、旅行前に歯科治療を済ませておく、などの対応を取りましょう。

スポンサードリンク

海外旅行傷害保険の加入方法

どこで加入できる!?

最近では、インターネットを利用して、各保険会社のWEBサイトから直接申し込むケースが増えており、代理店を通さない分、保険料が割安になる場合が多いようです。複数の保険会社のプランを一括検索して比較できるサイトもあり、同様の補償内容で最も安価な保険会社を容易に探すことができます。

旅行会社でツアーや航空券を予約した場合は、その場で同時に保険に加入することも多いようです。また、国内の主要空港の国際線出発ロビーでは、保険会社のカウンターや自販機(タッチパネル操作とクレジットカード決済で保険に加入できる機械)が設置されており、出国直前でも保険に加入できます。

パッケージ型とバラ掛け型のどっちを選ぶ!?

海外旅行傷害保険には、旅行先での各種リスクを総合的に補償する「パッケージ型」の保険と、必要な補償だけを選んで加入する「バラ掛け型」の保険の2種類があります。どっちを選べば良いのか迷う方が多いですが、海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードの有無を基準にすると分かりやすいでしょう。

海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを持っている場合

この場合は、クレジットカードを旅行先に携行するだけで、一通りの補償は受けられます。但し、保険会社にお金を払って加入する保険と比べると、補償額が小さかったり、保証対象外の項目があったりする場合があるので、一般的な海外旅行傷害保険の商品内容と比較して、「足りない」と判断した部分だけ、「バラ掛け型」の保険で追加することをオススメします。

【要注意】カード付帯の海外旅行傷害保険の条件を確認しよう!
クレジットカードに付帯する海外旅行傷害保険には、無条件で利用できる場合と、旅行費用の支払いや渡航先でのカード利用などが条件になっている場合の2通りがあります。お持ちのクレジットカードの発行会社に確認して、確実に海外旅行傷害保険が適用されるように注意しましょう!

海外旅行傷害保険が付帯するクレジットカードを持っていない場合

この場合は、一般的な「パッケージ型」の保険に加入しましょう。旅行先でのリスクは、個人が事前に予測できるものではありません。様々なリスクを総合的に補償してもらえる保険に入るのがベストです。旅行費用の総額に比べれば、それほど高額な費用ではありませんので、もしもの時の備えとして、必ず加入することをオススメします。

保険金の請求方法

旅行先で病気や怪我、盗難などのアクシデントに遭遇したら、すぐに保険会社に連絡します。日本人観光客の多い国・地域であれば、現地の連絡先が用意されていて、24時間の日本語アシスタント・サービスが受けられる場合が多いです。事故の状況や自分の状態などを説明して、必要に応じて病院の紹介や、請求に必要な書類などについて指示を仰ぎましょう。

怪我や病気で治療を受けた場合は、自分で治療費を支払い、帰国後に保険会社に請求するのが一般的です。しかし、海外の病院では治療費が高額な場合もあり、立て替え払いできないこともあります。そんな時は、保険会社の指定するキャッシュレス・サービス対応病院を利用するか、保険会社に相談の上、キャッシュレス対応してもらいましょう。

保険金請求に必要な書類

保険会社や請求内容によって異なりますが、一般的には下記のような書類が必要とされます。

  • 医師の診断書
  • 治療費等の費用の明細書・領収書
  • 事故証明書または第三者の目撃証明書(現地の警察で作成)
  • 盗難届出証明書(現地の警察で作成)
  • 契約時に受け取った保険契約証またはメール・PDFなど
  • 保険金請求書
  • パスポートの出入国スタンプのあるページのコピー

Top photo by travelinsurance4all.com

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る