渡航先の海外安全情報をチェック

スポンサードリンク
kaigai-anzen-image

旅行先の国・地域が決まったら、その国・地域の安全情報(危険情報)をチェックしましょう。これから出掛ける地域の治安や滞在中の注意点、文化や宗教によるマナーやタブーなどを理解しておくことは、楽しい旅行をする上でとても大切です。

外務省 海外安全ホームページ

mofa-overseas-safety

日本語で得られる情報として最も信頼性が高いメディアは、外務省が運営する「海外安全ホームページ」です。世界各国の治安状況が細かく紹介されているので、渡航先の情報をチェックすると良いでしょう。治安が悪い地域については、実際に起こった事件の概要や、外務省が発している警告の内容、現地での対策なども掲載されています。また、世界各国の医療・衛生状況などに関する情報も公開されているので、ぜひ出国前にチェックしてみてください。

外務省による危険情報の表示

海外安全ホームページでは、以下の4段階で危険情報が表示されています。危険情報が出ていない場合、もしくは第一段階の「十分注意してください」の地域であれば、日本の大手旅行会社でもツアーを催行していますので、一般的な注意事項を守れば大丈夫でしょう。それ以上の危険情報が出ている地域には、少なくとも旅慣れていない方が個人旅行に行くことは避けた方が賢明です。

 表記内容
1十分注意してください。その国・地域への渡航,滞在に当たって特別な注意が必要であることを示し、危険を避けていただくよう、おすすめするものです。
2渡航の是非を検討してください。その国・地域への不要不急の渡航は控えるようおすすめするものであり,渡航すべきか否かは,渡航目的の緊急性,とりうる安全対策等に応じて検討を行った上でご自身で判断されるようお願いするものです。
3渡航の延期をお勧めします。その国・地域への渡航は,どのような目的であれ,当面控えるようおすすめするものです。また,場合によっては,現地に滞在している日本人の方々に対して退避の可能性や準備を促すメッセージを含むことがあります。
4退避を勧告します。渡航は延期してください。その国・地域に滞在している全ての日本人の方々に対して、滞在地から、安全な国・地域への退避(日本への帰国も含む)を勧告するものです。この状況では、当然のことながら新たな渡航は延期してください。

スポンサードリンク

外国政府の発信する安全情報

外務省の海外安全ホームページに加えて、英語など外国語を理解できる方は、外国政府の発信する情報にも目を通しておけば、より安全でしょう。アメリカ国務省・領事局の運営するWEBサイトがオススメです。
アメリカ国務省・領事局

危険な国・地域への渡航は控えること

21世紀に入って以降、日本人が海外の渡航先で危険な目に遭う事件が増えています。一般人による犯罪の被害に遭う事例だけでなく、誘拐ビジネスやテロリズム被害に遭う事件も起こっていますので、自分の身を守れない国・地域への渡航は控えて下さい。

JTBやHISなどの大手旅行会社がパックツアーを催行している地域や、外務省の海外安全ホームページで、危険情報が出ていないか、「十分注意してください」の地域であれば、気を付けて旅をすれば、トラブルに巻き込まれる可能性は低いでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る