旅のお金の持ち方(現金、クレジット、その他・・・)

スポンサードリンク
travel-money-image

海外旅行でなくてはならないのがお金。現金、国際キャッシュカード、VISAデビットカード、クレジットカード、海外専用プリペイドカードなど様々な持ち方の選択肢があります。それぞれの特徴をよく理解した上で、渡航先の国に合った形でお金を持って行きましょう。

現金

travel-moneyPhoto by sharafexchange.com

お金の持ち方で最も一般的なのが現金です。盗難・紛失の際に戻って来ないというリスクはありますが、場所を選ばず使えるので一番便利です。欧米の先進国で高級ホテルに泊まってセレブな旅をするのであれば、現金はほぼ不要ですが、一般的な海外旅行では、少なくとも数万円(数百ドル)程度の現金は持っておいたほうが良いでしょう。

現地通貨

旅行先で必ず必要になるのが現地通貨です。ちょっとした買い物の支払いや、バス・地下鉄などの運賃、ホテルやレストランなどでのチップなど、カード払いできない支払いが必ずあります。日本国内と渡航先の両替商とで、両替レートが10%以上も違う場合もありますので、どこで両替するかは、事前に良く調べておきましょう。

米ドル

米ドルは世界の基軸通貨ですので、世界中で現地通貨に両替することができます。また、新興国や途上国の多くでは、現地通貨ではなく米ドルのまま支払いができるケースも少なくありません。そのため、日本円⇒米ドルの両替は日本国内で済ませて行き、米ドル⇒現地通貨の両替は、必要に応じて現地でするのが得策です。

日本円

私たちが普段使っている日本円も、世界の中では信用力の高い通貨の一つです。特に東南アジアなどでは、米ドルやユーロから両替するのとレートに差がなく、場所によっては米ドルより良いレートで現地通貨に両替できる場合もあります。旅行先が東南アジアや香港・台湾などであれば、日本円をそのまま現地に持っていけば十分です。

VISAデビットカード

debit-cardPhoto by
cargocollective.com

VISAデビットカードとは、VISA加盟店でクレジットカードと同様に使えるデビット機能が付いた銀行キャッシュカードのことです。クレジットカードのように信用枠が設定されるわけではなく、銀行口座の残高からリアルタイムで決済されます。また、「VISA」または「PLUS」のマークのある世界中のATMで、日本円の口座から、その日の為替レート+手数料で現地通貨を引き出すことができます。日本では、ネット銀行を中心に導入が進んでおり、特に楽天銀行やジャパンネット銀行などが便利でしょう。

楽天銀行

楽天銀行デビットカードは、国内のVISAデビットカードで唯一、ゴールドカードを選択することができます。「VISA国際線クロークサービス」「VISA国際手荷物宅配サービス」「プライオリティ・パス」などの優待特典が受けられ、海外旅行をする際に便利です。また、VISAデビットの利用で楽天ポイントも溜まります。

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行のJNB VISAデビットカードは、年会費永年無料で利用できます。前述の楽天銀行デビットの場合、一般的なカードで1029円、ゴールドカードで3086円の年会費が発生するので、ずっと年会費が無料なのはお得感があります。楽天銀行デビットカードのように様々な付加サービスが不要であれば、JNB VISAデビットカードでも十分です。

スポンサードリンク

クレジットカード

credit-cardPhoto by firstonecapital.com

クレジットカードを1枚持っていけば、ホテルやレストランなど金額の大きな支払いをカード払いできるので、多額の現金を持ち歩く必要がなく便利です。前述のVISAデビットカードと同様に、キャッシング枠の範囲内で現地通貨を引き出せますが、VISAデビットとは違い年利18%程度(月利1.5%ほど)の金利が掛かるので注意が必要です。海外旅行保険が付帯するクレジットカードを選ぶと、保険代も節約できるのでオススメです。

海外専用プリペイドカード

海外専用プリペイドカードとは、「VISA」または「Master」と提携したプリペイドカードです。事前に入金した金額の範囲内で、渡航先でクレジットカードと同じように、ショッピングや現地通貨の引き出しができます。下記の通り幾つかのサービスがありますが、FX会社のマネーパートナーズが運営するマネパカードが、外貨両替手数料が極めて安いのでオススメです。

マネパカード

マネパカードは、FX会社のマネーパートナーズが運営する海外専用プリペイドカードです。Masterカード加盟の店舗やATMで利用できます。FXの仕組みを使って外貨両替をするので、現金による外貨両替や、VISAデビット・クレジットカードなどと比べても、外貨両替に掛かるコストは最安になっています。米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・香港ドルの5通貨を1枚のカードにチャージできます。円高に触れたタイミングで両替して、将来の旅行資金として活用するのがオススメ。

⇒マネパカードの詳細はコチラから

キャッシュパスポート

cash-passport

キャッシュパスポートは、前述のマネパカードと同じく、Masterカード加盟の店舗やAMTで利用できます。マネパカードより外貨両替手数料はやや高めですが、1枚のカードに、日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドルの7通貨をチャージすることができます。ニュージーランドやカナダに渡航される場合には、キャッシュパスポートを選ぶと良いでしょう。

⇒キャッシュパスポートの詳細はコチラから

Top photo by creditcards.com

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る