トランジットとトランスファーの違いとは!?

スポンサードリンク
flight-image

国際線の飛行記の乗る際によく聞く「トランジット」と「トランスファー」という言葉。なんとなく「乗り継ぎ」という感じの意味で捉えている方が多いのではないでしょうか。この記事では、トランジットとトランスファーの違いを詳しくご紹介します。

トランジットとトランスファーの違い

トランジットとは

フライトの途中に、1箇所または複数箇所の空港に着陸して、機内食や水・燃料などの補給、飛行記の整備点検などをすることです。通常は30分〜1時間程度の着陸で、その間、乗客は機内で待機する場合と、空港内のトランジットルームで待つ場合があります。

トランスファーとは

途中で飛行機を乗り換えて、最終目的地へ向かうことです。日本発着の便だと、ソウルや香港などで飛行機を乗り換えて、欧州各国へ向かうケースなどがあります。また、地方空港を出発して成田や羽田で乗り継ぎ、海外の都市へ行くことも多いです。乗継時間が長い場合は、一旦入国して時間を過ごすこともできます。乗継地で一度入国して数日間の観光などをした後に最終目的地へ向かう「ストップオーバー」が可能な航空券もあります。

両者の違い

トランジットとトランスファーの一番の違いは、機体の変更の有無です。トランジットの場合は同じ機体で最終目的地まで向かいます。一方、トランジットの場合は、乗継地で別の機体に乗り換えます。但し、最近では同じ航空会社の別便に乗り換えることをトランジットと呼ぶ場合もあるので、自分のフライトの詳細を確認する必要があります。

トランジットの流れ

トランジットルームで待機する場合の流れを説明します。
尚、機内で待機する場合は、そのまま時間が過ぎるのを待つだけです。

1.飛行機を降りる
アナウンスに従って飛行機を降り、係員からトランジットカードを受け取ります。機内の足元に置いた荷物は荷物棚に収納するか、貴重品と一緒に持って出ましょう。その際に、搭乗ゲート・時間の確認もしておきましょう。30分〜1時間程度の待ち時間であれば、移動せずに待機すると良いでしょう。

2.トランジットルームに向かう
空港内の「Transit」という標識を目印に、トランジットルームへ向かいます。トランジットでは入国手続きはしないので、入国審査には向かわないよう注意が必要です。

3.トランジットルームで待機する
トランジットルーム周辺では、飲食店や免税店がある場合があります。再搭乗の時間に遅れないように、時間を潰しましょう。

4.再搭乗
再搭乗のアナウンスがあったら、前述のトランジットカードを係員に渡して再搭乗し、同じ座席に座りましょう。

スポンサードリンク

トランスファーの流れ

トランスファーの流れは下記の通りです。乗継に失敗しないように、時間に余裕を持って行動しましょう。

1.飛行機を降りる
別の飛行機に乗り換えるので、手荷物は全て持って出ましょう。

2.再チェックイン
空港内の「Transfer」という標識に従って進み、専用のチェックインカウンターで乗継便の為のチェックインを行います。その際、乗継便の搭乗券を受け取る場合もあります。同じ航空会社を使用する場合は、出発地で乗換機までのチェックインが終わっていることが殆どですので、その場合は再チェックインは必要ありません。

3.乗り換えをするbr /< 空港内で待機し、搭乗時刻がきたら指定された搭乗ゲートから搭乗します。

※一旦入国する場合
乗継時間が長い場合は、一旦入国することができます。その場合は、通常の出国手続きが必要になります。また、出発の際に乗継便のチェックインをしていない場合は、チェックインの手続きも必要です。

乗継に失敗したら・・・

トランジットの場合はあまり心配はありませんが、トランスファーの場合は乗って来た飛行機の到着が遅れ、次の便への乗継ができない場合が稀に起こります。通常は後発便への振替が行われますが、その日に乗り継げず、翌日以降に振替になる場合もあります。

航空会社側の都合で乗継ができなかった場合は、基本的にはホテル代や食事代などは航空会社持ちになりますが、最近ではLCCなどを中心に、そうした場合でも乗客の自己責任になる場合も少なくありません。

また、搭乗時刻に間に合わなかった場合など、自分の過失が原因で乗継に失敗した場合は、完全に自己責任ですので、最終目的地までの航空券を再購入する必要があります。

cheapflightsfly.com

スポンサードリンク

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る